30代元JA職員が脱サラして本気で農業に取り組むブログ

元JA職員だった管理人は、農業の高齢化・耕作放棄地の増加などをリアルタイムで見てきました。30代の自分はアドバイザーではなくプレーヤー。「まず自分が動く」の思いでJAを退職。本気で農業に向き合うブログです。このブログが日本の農業活性化につながればと本気で願っています!

ツバメの巣が壊されてその後どうなったか?

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

今日は農業、じゃなくてツバメの巣について。

f:id:ricken97f:20190709205556j:image

 

家にあるツバメの巣です。

今日の様子。

 

でもこれ、今年に入って2度目です。

 

実は、4月下旬に巣作りをして6月には孵化までしていたのですが、

 

6月下旬ころに巣が何者かに落とされていました。。

 

それまでピーピー鳴いてたヒナも姿がありません。

おそらくカラスにでもやられたのかと。。

 

 

しかしそこからがさすがツバメ。

 

 

巣を落とされてもめげることなく、再度巣作りリベンジです。

 

それがこの画像。

f:id:ricken97f:20190709205556j:image

 

1週間かからずできたでしょうか。

 

 

同じツバメなのかはわかりませんが、多分同じではないでしょうか。

 

 

さて、

 

今はこの中にちゃんとヒナがいるのか?

 

 

気になったので、親のいない時に写真を撮ってみました。

 

 

すると、

 

f:id:ricken97f:20190709212052j:image

f:id:ricken97f:20190709212235j:image

 

しっかり卵がありました。

1個のようですが、一安心。

 

でも、ツバメにしては卵が少ない気が。

 

ウィキで調べると、ツバメは1度に平均5個くらいを出むようです。

リベンジなので数が減ったのかな?

 

 

それはわかりませんが。

でも個人的にはカラスにやられるのが可哀想なので、人間的に対策をしてあげようと思います。

 

日々落とされるフンは優しい目で見過ごします。

 

 

しかしツバメの一生懸命な子育てには見習う点が多い。

 

このブログの当面のネタもこれでいこーかなと思ってます。