30代元JA職員が脱サラして本気で農業に取り組むブログ

元JA職員だった管理人は、農業の高齢化・耕作放棄地の増加などをリアルタイムで見てきました。30代の自分はアドバイザーではなくプレーヤー。「まず自分が動く」の思いでJAを退職。本気で農業に向き合うブログです。このブログが日本の農業活性化につながればと本気で願っています!

農業という「ビジネス」の考え方。田植え3日後

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

田植え3日が経過しました。

f:id:ricken97f:20190515204909j:image

 

除草剤を散布していると、、

f:id:ricken97f:20190515204946j:image

ウワバミ(シマヘビ)に遭遇しました。

初めて泳ぐところを見た。。

 

 

さて、最近「農業日誌」のようになっていたこのブログ。

 

作業も落ち着き、管理へと移行してきたので、

 

はてなブログのテーマ、

「思いは言葉に。」

にのっとり、

ちょっと自分の農業への考えを書いてみます。

 

 

まず、

なんのために農業してるの?

ということ。

 

これの大テーマの答えは、

「人が食べる物を作る」

という事です。

 

何のビジネスでもそうですが、

「ニーズ」があるからそこに「供給」します。

その対価でお金が流通します。

 

でも個人的に農家は、

この「供給」という感覚が薄いような気がします。

 

なぜなら、

市場や販売委託先に販売を頼ってる人が多いからです。

 

なぜそう思うか?

 

その理由は、次回の記事で書きます。

なぜなら、農作業で眠いから。笑

 

こんくらいの緩さがないと、駆け出しのブログは続きません笑。

 

「思いは言葉に。」

 

これが原点なんで、

これからもそこを据えて書いていきます。