30代元JA職員が脱サラして本気で農業に取り組むブログ

元JA職員だった管理人は、農業の高齢化・耕作放棄地の増加などをリアルタイムで見てきました。30代の自分はアドバイザーではなくプレーヤー。「まず自分が動く」の思いでJAを退職。本気で農業に向き合うブログです。このブログが日本の農業活性化につながればと本気で願っています!

代掻き2日目(荒代〜仕上げ)

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

今日もトラクター漬け。

 

今は、

日が照っている=トラクターに乗らなければいけない

という日々です。

 

f:id:ricken97f:20190507210233j:image

 

今日はツバメが飛んでいます。

親子で飛行の練習?

飛び方がカッコいいです。

 

ラクターに乗りっぱなしで、視覚と手は塞がるので、耳から音声学習。

 

ただ乗ってるだけ、

とも言えるトラクターでも、神経使うからか相当疲れます。

長距離トラックドライバーのような感じでしょうか。

 

できれば自動運転でお願いしたいです。

これは自堕落というわけではなく、

  • 自動運転させてる時間で別の事ができる
  • 農作業事故がない
  • 作業の正確性

などなど、考えられるメリットがあります。

 

いずれ普及するでしょうが、

黎明期までは価格や費用対効果などで、資本ないと導入は中々難しいかもしれません。

 

 

また、

今日で連休終わり、

という話をよく聞きますが、

自営になってからはそもそも休みという概念がないです。

 

なぜなら常に行動が収入と直結しているから。

それが心地いいです。

 

サラリー制なら月で給与が決まっていますので、休んでも有給でフォローされますが、

自営は休んでもサボっても自己責任。

より時間の価値をありがたく感じます。

 

収入=人の役に立つ対価

 

この原点を常に意識してます。

 

 

ラクター残り2日、田植え機3-4日、

安全第一に頑張ります!

これが終わったら事務仕事片付けて次の動きです。