30代元JA職員が脱サラして本気で農業に取り組むブログ

元JA職員だった管理人は、農業の高齢化・耕作放棄地の増加などをリアルタイムで見てきました。30代の自分はアドバイザーではなくプレーヤー。「まず自分が動く」の思いでJAを退職。本気で農業に向き合うブログです。このブログが日本の農業活性化につながればと本気で願っています!

これからのベストな農業のスタイル、稼ぎ方を考えてみた

いつも「はてなスター」をありがとうございます!

今日も農業活性化のために頑張ります!

 

昨日は種まき後の歓送迎会、

全身筋肉痛+二日酔いで

中々うごけませんでした。

 

なので娘達とデート

 

f:id:ricken97f:20190413202214j:image

 

写真もテキトーですが、

この左側に生えている紫色の草を、

「蜜だよー」

と言って何本も食べさせられました。笑

 

下の子は先日胃腸炎になったので遠出はなし。

 

明日は治ってお花見に行けたらいいです。

 

 

しかし、この紫の草、懐かしい。

20年ぶりくらいに蜜を吸いました。

 

f:id:ricken97f:20190413202727j:image

 

名前を調べてみると、

ヒメオドリコソウ

だそうで。

初めて知りました。笑

 

また、昨日の種まきハウスを確認、

 

f:id:ricken97f:20190413202848j:image

 

銀色が眩しいです。

 

ハウスは全て閉めっぱなし、

でも、意外と暑くなっていません。

この銀色が太陽光を反射させてるのか?

 

あとは毎年入っているスズメもいなく、

食害も今のところありません。

順調です。

 

農業でいくら稼げるか?自分の場合で試算してみた

 

さて本題、ビジネス話です。

 

 

職場を辞めてからよく聞かれる事、

 

「専業でやっていけるの?」

 

はい、

無理もありません。

 

 

なぜなら農業は、作物×面積でカンタンに所得の試算ができます。

 

例えば僕は5haのコメ農家なんですが、

米値段は30年産米で1俵13000円くらいです。

コメは0.1haで10俵取れます。

 

なのでざっくり、

13000円×500俵=650万円

 

650万円が収入です。

 

そこから経費を引きます。

経費はそこそこの経営者で違ってきます。

 

なので粗利を予測することは難しいです。

 

 

でも、それらの指標となるものが各地方自治体にあります。

 

それを見ると、鶴岡の場合は0.1haで38000円。

 

ということは、

38000円×50ha=190万円。

 

これじゃとても生活していけません。。

 

 

では実際、僕の場合はどうなのか?

 

それは、、

 

問題なく生活していけます。

 

なぜ?

それは次に書いていきます。

 

これからの農業のスタイル「農業×〇〇」とは?

僕がなぜ農家になるぞーとJAを辞めたのか、

 

それは「農業活性化」という理念が1番大きいのですが、その裏付けとして、

 

率直に言うと、

「収入を農業のみに頼っていない」からです。

 

では、それは何に頼ってるの?

 

その前に、ちょっと農業という働き方のスタイルに触れます。

 

 

農業はノマドワーカー的な要素があります。

縛るものは何もありません。

 

ただし、自分の行動がそのまま自分に返ってきます。

この辺りは会社経営者と同じ感覚です。

 

サラリーマンなら、うまくサボっても給与という形で定額保証されます。でも見つかれば社内から文句言われます。

 

自営の場合は、誰からも文句いわれません。でも、サボったら収入0円です。

 

 

極端な話、コメ農家なら労働期間は3月〜10月の8ヶ月。

 

残りの4ヶ月は何もやることがありません。

なので今の農家は、冬場オンリーで出稼ぎに行ったりするのがベターです。

 

もっとも農家が「百姓」と言われてるワケ。

 

米のワラなどを利用して衣類や生活道具を冬場のヒマな時に作っていたので、

それが「百姓(百の仕事をこなす)」という所以です。

 

話は戻り、

では僕は何に収入を頼っているのか?

 

それは、

インターネットを使った、

ある「仕組み」です。

 

これからあらゆるもの全てのEC化が加速します。

 

僕が農業を選んだ理由は、

一言でいうと「晴耕雨読」です。

 

農業は天候に左右されます。

サラリーマンは上司に左右されます。

 

農家にとっての上司、

それはお天道様、天照大神です。

 

これはほんと振り回されます。笑

明日トラクター乗ろう、

とか計画しても、雨が降ったらおじゃんです。

やることがなくなります。

 

ですが、

そんな時こそ「雨読」の時間。

これは最高の時間で、

農業以外の収入源の構築タイムです。

 

サブタイトルにもあるように、

「農業×〇〇」

というのが僕が提唱するスタイルです。

 

これができると、結果的に農業活性化につながります。

 

農家は様々な野菜を作ってリスクヘッジします。

 

でも、大きい目で見たら農業のみです。

 

いっそ、農業から脱して違うビジネスモデルを構築したら??

 

収入源を多く持つ事が最大のリスクヘッジです。

 

それは結果、農業と〇〇がかけ合わさり、

掛け算方式でビジネスが広がります。

 

 

農家は時間を作れる事が最大のメリットです。

 

だったらその時間を、最大限のマネタイズに変えていけます。

 

 

晴耕雨読

 

これは自分のこれからのキーワードです。

 

それぞれの持っているスキルを出し合い、

結果どんどん稼げる農家が増えて農業が若返る、

そんな未来が自分の夢だったりします。

 

f:id:ricken97f:20190413225321j:image