30代元JA職員が脱サラして本気で農業に取り組むブログ

元JA職員だった管理人は、農業の高齢化・耕作放棄地の増加などをリアルタイムで見てきました。30代の自分はアドバイザーではなくプレーヤー。「まず自分が動く」の思いでJAを退職。本気で農業に向き合うブログです。このブログが日本の農業活性化につながればと本気で願っています!

水稲の種もみ浸種完了と播種の準備

いつもありがとうございます!

今日も農業活性化のため頑張ります!

 

今日は、種もみを浸種してから13日、

積算120℃になったので、

ようやく次の作業、催芽(芽出し)です。

 

芽出しですが、ほんとはそこそこの家庭や法人などで行うのが一般的です。

 

でも僕の地元はちょっと違って、

「温泉で芽出しを行う」

のが一般的です。

 

今日はそのため湯田川温泉に種もみを持っていったのでその過程です。

 

f:id:ricken97f:20190409171836j:image

種もみをトラックにつけます。

 

f:id:ricken97f:20190409171941j:image

今までありがとう、来年までお休みください。

 

そして走らせること10分、湯田川温泉芽出しに到着です。

 

ここには庄内一円から多くの方が芽出しのため種もみを持ってきます。

遠くだと新潟県からだそうで。

 

f:id:ricken97f:20190409172136j:image

 

受付して、明日つけるので荷降ろしします。

 

f:id:ricken97f:20190409172337j:image
f:id:ricken97f:20190409172333j:image

他にも数多くの種もみが。

 

f:id:ricken97f:20190409172707j:image

 

まさに風物詩。

 

ちなみにここは梅の花がキレイで、花が咲くとより一層風情を感じられる場所です。

 

さて、帰ってからは播種の準備。

 

まず、育苗箱に紙を敷きます。

 

f:id:ricken97f:20190409172618j:image

これは今年からの作業。

 

なぜこれをやるかというと、根張りが良くなりすぎて育苗箱に根が張り付くのを防ぐためです。

 

あ、もちろん紙は田植えの時に溶けます。

 

あとは整地の続き。

 

f:id:ricken97f:20190409172907j:image

 

軽トラで更に整地しました。

 

しかし、余計悪くなる結果に。。

 

まあ、色々と失敗を重ねて成長してこうと思います。

 

前職の引き継ぎがなかなか終わらず、

例えると恋愛で次に向かおうとしてるのに出来ないというか、、

まあでもこれも今しか経験できない貴重な機会です!最高です!